わたしたちが目指すまち

わたしたちは、富田林寺内町の歴史的建造物と町並み、葛城山や金剛山、石川などの周囲の自然環境、近くで採れる農産物や果物、歴史と文化を受け継いできた人々の営みなど、住んでいる人にとって当たり前の風景や生活を貴重なものと考え、「何度も訪れたくなるまち」、「滞在できるまち」、「住みたくなるまち」を目指し、歴史的建造物のマッチングを行っています。

アクセス

富田林寺内町は、JR大阪駅、関西国際空港、世界遺産・高野山からそれぞれ約1時間の立地にあるまちです。

富田林寺内町と南河内

富田林寺内町は、西部に石川が流れ、西南部の奈良県との境には金剛山系の山々に囲まれた自然豊かなまちです。富田林寺内町を含む南河内一帯が日常的に自然環境を目にし、触れることのできるエリアで、ぶどうやいちじく、ぶどうを使ったワイン、なすやきゅうりなどの農産物の生産が盛んです。

また、富田林寺内町が大阪府唯一の重要伝統的建造物群保存地区であることに加え、国宝(観心寺・金堂、天野山金剛寺・木造大日如来坐像など)や重要文化財(旧杉山家住宅、興正寺別院、錦織神社本殿など)に指定された住宅・寺社仏閣などが周辺に多く点在し、令和元年に世界遺産に登録された『百舌鳥・古市古墳群』も近くにあり、古くから歴史・文化の拠点であったことを物語っています。

散策・見る

富田林寺内町、天野山金剛寺(国宝・木造大日如来坐像他)、観心寺(国宝・金堂他)、道明寺天満宮(国宝・伝菅公遺品)、葛井寺(国宝・十一面千手千眼観世音菩薩)、天見温泉南天苑(辰野金吾設計)、狭山池博物館・近つ飛鳥博物館(安藤忠雄設計)、竹内街道、高野街道、百舌鳥・古市古墳群など

四季折々の風景

狭山池の桜並木、葛城山のツツジ、教祖祭PL花火芸術、下赤坂の棚田、天野山金剛寺の紅葉、雪の金剛山、藤井寺梅林など

アウトドア

富田林市農業公園サバ―ファーム、ダイヤモンドトレイル、南河内サイクルライン、関西サイクルスポーツセンター、滝畑ダムキャンプ場、金剛山登山・ロープウェイなど

なす、きゅうり、えびいも、いちご、みかん、いちじく、ぶどうワ、イン、さいぼし(馬肉のくんせい)など

イベント・行事

寺内町四季物語(富田林市、1・3・8・10月)、道明寺天満宮手づくりの市(藤井寺市、3・5・9・12月)滝谷不動尊ご縁日(富田林市、毎月28日)、烏帽子形八幡神社 恵比須祭(河内長野市、1月6・7日)、観心寺の節分星祭(河内長野市、2月3日)、梅まつり(藤井寺市、2月上旬~3月上旬)、
ふじまつり(藤井寺市、4月中旬~5月上旬)、千日まいり(藤井寺市、8月9日)、大ヶ塚八朔市(河南町、9月)、誉田八幡宮 秋まつり渡御(9月15日)、建水分神社 秋祭(千早赤阪村、10月第3土曜)、まつばらマルシェ(松原市、11月第2土曜日曜)、烏帽子形八幡神社 湯立神事(河内長野市、12月第2日曜)